2022年1月の家計簿

資産運用
スポンサーリンク

2022年1月の家計簿の確認

2022年1月の各費用の整理ができましたので、家計簿を公開したいと思います。

1月分の家計支出の内訳から見ていきます。

過去3か月分を並べてみると、こんな感じです。

光熱水道費と家具家電を除くと、全ての費目で12月を下回っています。

分類 2021年11月 2021年12月 2022年1月 平均
食費 71,625 64,409 34,906 56,980
日用品・被服費 4,090 16,467 5,485 8,681
自動車・交通費 7,302 10,151 2,560 6,671
光熱水道 16,298 15,911 19,551 17,254
通信・携帯 9,086 9,147 6,469 8,234
住居費(固定資産税含) 43,520 37,520 18,520 33,187
家電・家具 57,247 19,082
交際費 176,296 151,075 55,876 127,749
合計 328,217 304,680 200,614 277,837

トータルでは、12月と比べると大幅に削減することができました。やれば出来る子です。

ちなみに、2021年からの推移を見てみると。

1月の交際費は、夫婦で出かけた飲み会が1回と母の誕生会があっただけなので、12月に比べると大幅削減です。外食が少なかったのが要因ですが、私としてはもう少し外食行きたいですね。

しかし、今回炭酸水メーカーやホットプレートなどを購入したため、家具家電の出費が大きかったですね。ただ、WIFIルーターは楽天ポイントでゲットできたのは良かったです。

また、通信費は楽天モバイルのUNLIMITへの契約変更により、私の分だけが無料になっているんですが、来月は妻の分も無料になりますので、宅内回線費用のみで5000円以下になると思います。

結果、1月も交際費(いわゆる「ゆとり費」)を除く生活費自体は15万程度に、交際費を含めても20万程度に納まっていますので、これは良い調子です。

来月購入予定は、ゴミ箱です。プラスチック包装とビン缶分別用のゴミ箱を、シンプルで見栄えがよいものに置き換えたいと思っています。自動開閉ふた付きのやつも気になってます。


スポンサーリンク

資産面について

資産部分については、退職の手続きにより、財形貯蓄や自社株などが解約となり、ばらばらと振り込まれていまして概ね片付いてきました。

残るは企業型確定拠出年金のイデコへの切り替えと、国民年金、失業保険関係です。イデコ口座は今のところ楽天証券に作る予定です。

 

ここ数日の日米株式の急落が、いつまで続くのか予断をゆるしませんが、もう少し落ち着いてから整理したいと思います。現時点では株式の含み損がかなり膨らんでいますね。

オミクロン株のピークアウトと規制解除による、2月爆上げを期待したいと思います。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

こちらの記事もご一読ください。

(2022年上期)日米の同時株安で含み損は拡大中、どう動くべき?
オミクロン株が猛威を振るい、地政学的なリスクも出てきている中、日米の株式はこれからどうなっていくのか。2022年前半は株式は堅調に推移するとみていましたが、ロシアのウクライナ侵攻など、予想外の動きを出てきました。ここで方針転換すべきか、当初のシナリオを堅持すべきか。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました