FIREの決断は自分との交渉である~生活資金と自由の値段

FIRE
スポンサーリンク

FIREを決断するまで

FIREを決断するのは容易ではありません。特に若い妻子持ちの方はなおさらではないでしょうか。

年が若ければ若いほど、キャリアパスが描けないために、将来設計が難しいのではないかと思います。

しかし人生の選択は、究極的には自分のものであります。妻子がなんと言おうとも、自分の人生を自分らしく生きることは、個人の権利として認められて然るべきです。

かくいう私pandaも、決心するまでには相当な時間がかかりました。

特に、自分が求める経済的な自立レベルというのはどれくらいなのか、それに対して自分の現在地点はどこなのか??

家計相談の記事やブログを見ながら、自分の中でおぼろげながら基準ができてきました。

  • この人は40代でFIREを目指しているのか、保有資産が5000万もある。でも子供がまだ中学生だったら、50まで頑張った方がいいかもしれない
  • この人は55歳でFIREを目指しているのか、保有資産が1億あるな。それだったら今すぐ辞めてもいいんじゃない
  • この人は50歳だけど資産が500万しかないな。65歳までに2000万は貯めないと厳しそうだな

とか。

panda家の2021年は、下の子が就職したので経済的な負担はだいぶ軽くなりました。その時点で6000万以上の資産を貯められれば、FIREも夢ではないかもしれない、という印象を持ってはいました。

実際、年金受給が開始する65歳まで10年の間(pandaは現在55歳です)、貯蓄取り崩し期間を貯蓄で食いつなぐ必要はあるのですが。

そう考えると、生活費を月30万、年360万とすると65歳まで10年間で3600万。

年金支給後も不足するとされている2000万を考慮すると、合計で約6000万は必要。

もちろん厳しければFIREのタイミングを後ろずらしすればいいのです。

ちょうどその頃、職場の人間関係に嫌気がさしてまして、より詳細に資産を調査した結果、pandaの資産は諸々合わせて6000万程度は確保できそうでした。

だったら「自分の人生を生きる事にしよう」と、決断したわけです。

FIREこれまでの道のり~退職の意思決定から約半年の経緯
2021年6月から2021年12月の退職までの準備や意志表明、会社側の動きとpandaの心の動きなどを時系列にまとめてます。これからFIREを目指す方の参考になればうれしいです。あとは、残りの人生を悔いが残らないように生きていくことに全集中です。
スポンサーリンク

FIRE後の生活資金

世間で言われている老後の生活費の不足分として2000万を仮置きしましたが、決断するにあたっては、よくよく検証が必要です。

年金定期便のシミュレーションで、55歳で会社を辞めた場合に
その後60歳まで年金保険料を納めた場合と、納めなかった場合。

また受給開始時期を65歳の場合と、繰り下げて70歳とした場合などを確認してみてください。

pandaの場合55歳で退職したとしても、年金は夫婦合わせて15万くらいはもらえそうでしたので、月当たりの生活費を25万とした場合の不足分は月10万円(年間120万円)。

65歳から年金を受給する場合に90歳まで生きると仮定して25年分では、120万×25で3000万。

65歳までの10年は、25万×12か月×10年で3000万。

合わせて6000万あればやっていけそうです。

つまるところ、取り得る策は(生活費)ー(年金受給額)=(不足分)を、配当金などの不労所得で補うか、貯金を切り崩すかの、どちらかしかないのです。

当然の事ですが、生活費の設定には、現在と将来の生活費を見積もれなくてはなりません。そのためには、現在の生活費を、費目単位に把握しておく必要があります。

例えば、「大学2年生の娘への仕送りは、家賃込みで15万円2023年まで続く」といった類の事を含めて全てです。

これができて初めて計画が実行可能なものに変わります。

子孫に美田を残さず

これは西郷隆盛の言葉ですが、panda家では親の遺産をあてにするなと教えてあります。はなから、あてにはしていないようですが(笑)。

最近、格差問題が取り沙汰されていますが、我が国日本においては、土地等資産の所有権を制限するか、相続税率を大幅に引き上げない限り、格差が広がる仕組みはなくならないと理解しています。

なので小手先で相続税やら配当所得税やらを見直しても、格差はなくならず、大勢は変わらないのではないかと思います。

複利効果からすると、資産家が過去に築いた資産は増える一方となり、格差は広がり続けるだろうし、与党の政治家の皆さん(特に世襲議員の皆さん)もそれを止めようとは望んでいないでしょう。

という言い訳も書いた上で、私は自分の資産を、私を含めて今を生きている人間のために使い切るつもりでおります。

貰えていたであろう給与所得と自由を比べてみる

早期退職を口に出した瞬間、上司、同僚、親、妻から、安定した収入がなくなり、退職金が減ることを懸念されます。みな口を揃えて「もったいない」と。よくもまあ。

個人差はありますが、果たして65歳の自分は、自分の人生を豊かに生きられるか、を考えてみてください。

50代後半~65歳の人材であれば、人によっては1千万以上、役職定年などの制度があっても500万とか600万以上の年収を得ていたはずです。

それを10年分として5000万、プラスで退職金も早期退職者と比べて1000万程多くもらえるとすると、合計6000万も多くもらえるかもしれません。

1年あたり600万です。前にも言いましたが、これが自由の値段です。

さあどうしましょうか。自分の中でどう折り合いをつけるかです。そして自分なりの答えはすぐに見つかるはずです。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

こちらの記事もご一読ください。

年金はどのくらいもらえるの? 年金免除申請と繰り下げ受給
失業中の身ですので国民年金保険料の免除申請をしてきました。免除申請をすると当然将来の支給額も減額されるのですが、いったいいくらになるのか試算してみました。また受給額を増やすことができる繰り下げ受給については、どのくらい繰り下げれば最適なのかについても考えてみます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました