4%ルールと資産ポートフォリオ、FIREするのにいくら必要か

資産運用
スポンサーリンク

4%ルールって何

FIRE(経済的自立と早期リタイア)を初めて考えた時、まずは私もやっていけるのだろうか、というのが疑問でした。

本を買って、いろんな方の動画を見て、4%ルールという考え方があると知った時、「あっ、これでいいんだ」という答え合わせが出来た安堵感が広がりました。

私自身ずっと前から、この試算を続けていましたが、確信が持てずに悶々としていた一人だったのです。

退職プランを研究したトリニティ大学における論文が基となった4%ルールというのをご存じでしょうか?

簡単にいうと一定額の貯蓄を持っている退職者がポートフォリオ(所有する各種の金融資産の組み合わせ)から毎年、一定割合の金額を引き出しつつ、残りの資金をそのまま投資していた場合、どうなるかという話です。

いろんなポートフォリオや開始時期を設定して試算を行った結果、4%の資金で1年間の生活を賄えれば、95%の確率で貯蓄が30年以上持続する(枯渇しない)ということです。

スポンサーリンク

ポートフォリオ公開

私の場合は、当初はFIREなんて考えてはいませんでしたが、毎年年度末に、預貯金、保険、投資信託、株式が、それぞれいくらあるのか、をエクセルに記録していました。

私の場合のポートフォリオですが、ざっくりで3500万の株式、2000万の投資信託、700万の預貯金がありますので合計6200万円です。

基本的には、約2年分の生活費は確保できていますので、収入から生活費を除いた余剰資金はすべて高配当株と米国株インデックス投資信託に投入しています。

FIRE後は、この資産から毎月25万、年間300万を取り崩していくことになります。

少なくとも年金を受給できる65歳までは資産を取り崩す以外の手はありません

そこで4%ルールの登場となるわけですが、株式やその他の運用益が4~5%あれば、株式+投資信託の5500万 × 4% = 220万となりますので、妻のパート収入(年80万)を合わせると、資産を減らすことなく暮らしていける計算です。

ただ、インフレもあるかもですし、暴落もあるかもですので、ポートフォリオの調整や生活費の節約は継続していくつもりですし、私自身できる範囲で仕事をすることも全く考えない訳ではありません。

サラリーマン時代の貯蓄率

FIREを目指す上で、必須条件なのは資産投資の原資となる貯蓄をどれくらい積み上げられるかだと思います。

私の場合、入社当初から財形貯蓄に、毎月の給料から2万円、ボーナス時は7万円(年間34万)を天引きすることにしていました。

が、当時、結婚と同時に購入していたマンションの住宅ローン(金利3.5%)を払っていましたので貯蓄をしながら住宅ローンを払っていました。

私の金融リテラシーは当時こんなもんでしたが、住宅ローンの元本が全然減らないことから、住宅ローンの仕組みを勉強し繰り上げ返済に注力するよう方針を変更しまして、その後10年くらいで住宅ローンは完済しました。

その後は順調に給料も上がっていたので、40才の頃に勉強もかねて投資信託と株式投資を始めました。

当時年収500万くらいでしたが、生活費は60%の300万くらい、残り40%は貯蓄していたことになります。

初めての投資信託は、分散投資は意識したものの、分配金あり信託報酬2%弱の商品を選択。

今考えると、よほど世界の景気が良くなければ長期保有すればするほど基準価格が下がってしまい、2年後に損益はマイナス32万で損切。

株式でもJAL破綻をまともにくらって、こちらも30万のマイナス。いい勉強になりました。

40代以降は給料も上がりましたが、子供の教育費も増えました。

しかし、生活レベルは変えずに年間貯蓄額は維持するように努力しまして、今現在も生活水準は以前と変えず、株式投資を続けています。

2021年の現在人気なのは米国株インデックス投資のようですが、私は日本個別株重視です。

少しは米国株インデックスETFも持っています。ちなみに120万円のNISA枠はフルで使っています。

日本株は自分の知ってる会社に投資できる、事業内容が理解できる、企業の将来がイメージできる、為替リスクがないという所が好きなんです。失敗もたくさんしていますが。

これから退職後の無収入生活を考えると、徐々に高配当株に傾斜したほうがよいかなあと、現在思案中です。

まあ株式投資は趣味も兼ねていますので、しばらくはこのままキャピタルゲイン志向で望みたいと思います。

(キャピタルゲイン:株価や投資信託の基準価格が上昇することによる売買損益。
 インカムゲイン:株式の配当、投資信託の分配金、資産を保有していることで得られる利益)

いずれ資産公開とか収支決算報告とかも考えようと思いますので、よろしくお願いいたします。

こちらの過去記事もご一読ください。

リタイア生活スタート地点の総資産(2021年総まとめ)
2021年の資産運用結果を整理してみました。2021年は2020年に引き続き米国株、日本株がともに好調な1年だったので、総資産の伸びは23%。ここが2022年のリタイア生活のスタート地点になります。この先の推移は4半期単位くらいに報告したいと思います。計画通りに行けばいいですが。。
【必見】ライフプランを可視化しよう!エクセル使って簡単作成
資産シミュレーションの作り方を解説します。まずはここから、自由への第一歩です。FIREを目指す方には必須科目、目指していない方にとってもきっと人生設計の上で役に立ちます。老後や退職後の生活費や年金収入など、この先20~30年の収支を見通す助けになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました