アーリーリタイア、実は暇かも

FIRE

FIREを目指していたpandaですが、2021年12月にRE(リタイア・アーリー:早期退職)を55才で達成しました。

FI(ファイナンシャル・インデペンデンス:経済的自立)については、もう少し見ていかないとなんともいえませんが、生活面では少し余裕というか暇な時間が増えています。

そこで、FIREの民が必ず陥るであろう「暇でやることが見つからない」問題について考えてみます。

 

スポンサーリンク

暇でやることが見つからない

FIREに懐疑的な人たちからの批判や、仕事を辞めたくても決心がつかない理由の一つにもなっている問題ですね。

そりゃ、ぶっちゃけ暇なこともありますよ。

なので、何かしらやりたい事が山積みになっている状態の方がありがたいには違いないですね。

定年退職した先輩たちはどうしてるのでしょうか。仕事なのか、ボランティアなのか、趣味なのか、勉強なのか。。

定年したとしても同じなんだと思いますよ。60歳か65歳で同じように悩むんでしょう。

つまり、いつその問題に向き合うかというだけで、そもそも私自身がその問題を抱えていたはずなんだとは思うんです。

ただ、その悩みに気づくことこそが、この問題の答えであるとも言えます。

なにせ私はまだ55歳ですから、65歳まで務めあげた人に比べて、10年は余分に悩むことができるはずです。

^目次へ

スポンサーリンク

自由の使い方

リタイアして良かったと感じるのは、時間的な束縛からの解放です。

朝何時に起きてもいいこと
日曜の夜でも好きなだけ夜更かししていいこと
平日昼飲みができること
人気のスイーツ店に平日のすいてる時間に行けること
ちょっとした旅行は、平日料金で安く行けること

などなど

ただ時間があり余ることもしばしばですが、会社勤めをしたくなるほど暇になることは、決してないです。

自由は私にとって何よりも代え難いものですから。

バケットリスト、やりたい事を書き出してみる

せっかく時間があるんですから「やりたい事リスト」なんかを書き出してみては。

いわゆるバケットリストというやつです。

私は退職前にこんな風に書き出してみました。

FIRE後の人生設計、会社辞めたら何するの
現在FIRE計画中の私は「会社辞めてなにすんの?」の問いかけに回答する必要があります。辞めてのんびりするのも良いですが、早晩飽きそうです。そこで、「死ぬまでにしたい事」を考えてみました。自分は何者か、何がしたいのか。私の理想とする幸せな生活はなんなのか。

新しい趣味にチャレンジしたり、両親を旅行に連れて行ったり、できるうちに実現していけばいいんですね。

ブログを始めてみる

ブログなんかを始めてみるのもいいアイディアです。

50代でも遅くないブログの始め方
ブログを始めてから、やっと50記事投稿までこぎつけることができました。私のような早期退職する人だけでなく、60歳まで務めあげようとしている人にとっても、退職後にやることがなさそうだなあ、と感じたら、ちょっと早めに始めてみてはいかがでしょうか。

その時々に自分の頭の中にあることを書きだすことで、自分に素直に向き合うことができます。

日記でもブログでもYouTubeでも、自分に向き合う手段として使ってみてはどうでしょうか。

カラダのメンテナンスに気を遣う

もう一つ、体のメンテナンスも重要ですから是非時間を使ってみましょう。

長年こき使ってきた自分の体をいたわり、あと30年くらいは健康でいたいものです。

私はリタイア後に歯科に通い始め、悪いところを直したり、定期的に検診を受けたりしようと考えています。

あとは、ウォーキングなど体を動かす習慣を付けるのは必須です。

ウォーキングを習慣化したい
健康寿命の定義 健康寿命の定義は、概ね「健康上の理由で日常生活に制限がない状態」であり、「健康状態がよい、または普通の状態と本人が自覚している」期間の平均、という事のようです。 日本では高齢化に伴い、健康寿命の延伸化目標が掲げられて...

^目次へ

趣味を見つけるには

仕事をしている時には、タスクに押し潰されそうになることもしばしばありましたが、退職してみると毎朝または毎夜「今日は(明日)は何しようかな」と考えることが増えました。

通院や体力維持のための運動など、生活の軸として習慣化させることはもちろんですが、趣味を開拓することも重要です。

後ろ向きのパンダのイラスト

そんなこと言っても、今までこれといった趣味なんかないし、

やりたい事なんて見つからないよ!

そんなあなたのために、

視点と例をいくつか考えてみましょう。

作る

意図的に工夫して新しい物事・状態を生みだす。まとまった形のあるものにする。
農作物などを、世話したり力を注いだりして育てあげる。
やりたいことが見つからない時は、

創作活動というとおおげさですが、DIY、絵画、ブログ、小説、俳句などが思い当たります。

家庭菜園、ベランダ菜園、市民農園などは、新鮮野菜の収穫も期待できそうですし、土と触れ合うのは精神的なメリットもありそうです。

育てる(見守る、環境を整える)

能力などが伸びるように教え導く。
手を掛けてやったり、教え鍛えたりして、一人前として通用するまでにする。

これは一人ではできません。

必ず対象となる人や組織が必要となりますが、誰かに対して自分の能力や知識を伝え教えるというのは、趣味としては魅力的ですね。

ただし、自分自身に能力がなければ、単に見守ってあげたり、環境を整えたりというのでもいいと思います。

例えば、小学生の登下校の見守りであったり、学童保育の指導員とか。

見つける

発見する。見いだす。
不明な点や疑問点などを、徹底的に調べて明らかにする。また、調べてさがしだす。

調査、研究が好きな方は、何かを徹底的に掘り下げるというのはどうでしょう。

例えば、温泉や日本酒の研究だったり、鉄道、神社仏閣、山、お城など。

図書館や自宅にこもって調べるというよりは、実際に足を運んで体験すれば、なおさら経験の重みが増すというもんです。

さらにブログなんかで発信すると、同じ趣味の仲間が増えるかもしれませんしね。

習得する

学んだり経験したりして、身につける。習得する。
知識・習慣・技術などを自分のものとする。
教わったことを繰り返し練習して身につける。知識や技術などの教えを受ける。

昔やりかったことを、ここに来て学び直すというのはいかがでしょうか。

例えば音楽系では、ピアノ、ギター、ウクレレ、サックス、ドラム、ゴスペル。

芸術系では、絵画、毛筆、陶芸。

体育系では、水泳、ダイビング、ゴルフ、スキー、登山、マラソン。

いずれも、自分ができないこと、やりたくてもできなかったことなんかに、あらためて挑戦することです。

カルチャースクールなどに通ったり、その分野が得意な方に教えを乞うたりするのもいいと思います。

要は、ちょっと自分のカラをやぶる感覚が大事です。

まとめ

  • FIREした人は必ず「暇でやることが見つからない」問題に陥る
  • 暇を自覚した人間は、その時点から自分のやりたい事を探し始めればいい
  • ブログなどのアウトプットすることは、自分と向き合う助けになります
  • 体のメンテナンスは常に心掛ける
  • それでもやりたいことが見つからない時は、「作る、育てる、見つける、習得する」の4つの視点で考えてみよう

アーリーリタイアして有り余る時間を持てあますのも真実ですが、一方で

どんなに高い給料よりも、社会的な肩書よりも、「好きなときに、好きな人と、好きなことができる」生活を送れることのほうが、私は幸せだと思うんです。

皆さんも今一度、自分の時間の使い方を考えてみてください!

 

今日もここまで読んでいただきましてどうもありがとうございます。

^目次へ

こちらの記事もごらんいただけると嬉しいです。

自己都合退職は退職金は少ないが、それは自由との引換えだ
やっと、会社からいろんな手続き用紙が届きました。その中でも、事前によくわからなかった退職手当の明細もありました。それで、 退職金はいくらもらえたのか? うちの会社はポイント制なので、役職や年数によりポイントが加算され、単価をかけて算...
健康長寿、ユニークなボケ防止習慣とは
「自分の親と何回会えるのか」残りの人生を数える時によく引き合いに出される言葉ですが、両親にはいつまでも元気で長生きしてほしいものです。そこで、オーバーエイティのユニークなボケ防止対策をご紹介します!
【旅行記】のんびり石垣一人旅(最終回)川平湾と離島ホッピングで西表へ
石垣へ一人旅のつづきです。石垣島では川平湾と底地ビーチへ。その後は西表島、由布島、竹富島へのホッピングツアーに出かけます。大自然に囲まれた離島で、マングローブクローズや水牛車を体験します。水牛車で海を渡ったり、美しい街並みを回ったり、三線の音色とともにゆっくりとした時間を楽しみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました