「ノマドライフ」気になる現代の遊牧民たちのライフスタイル

雑記
スポンサーリンク

ノマドライフとは

そもそも「ノマド」というのは「遊牧民」または「放浪の民」といった意味で、ノマドライフは遊牧民的な生き方のことです。

最近、FIREの民のブログ記事を見ていると、好きな土地に移り住みながら生活をしている方を見かけます。

沖縄や京都、北海道、自分が興味がある土地で数週間から数ヶ月過ごしてみる。

こんな選択ができる彼らは、まさにノマドと呼べる人達なのでは、と気になりました。

決まった土地で、毎朝会社に出勤しなくてはならない人は、いくら在宅勤務が進んだとしても、ノマドではありません。

自由に放浪しながら、生活や仕事をしているライフスタイルが、このノマドライフです。

江戸中期の文人、神沢杜口(かんざわ とこう)は、40歳で家督を娘婿に譲ると、伝説などを書き写して200巻にもおよぶ「翁草(おきなぐさ)」という随筆(いまでいうエッセイ)を残しました。

この人、44歳で妻を亡くした後、娘一家に迷惑をかけまいと同居せず、86歳で亡くなるまで一人暮らしを続け、18回も引越を繰り返しながら執筆を続けたそうです。

1~2年住んで飽きればよそに移るといった、まさにノマドライフ。あやかりたいものですねえ。

スポンサーリンク

FIRE後のノマドライフ

さて、現代のノマドとは、どういった印象でしょうか。

2020年ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した「ノマドランド」という作品があります。

この作品では、リーマンショックで住む家と夫をなくした60代の女性が、キャンピングカーに荷物を積み込んで、車上生活を始めるというお話。

経済的な困窮が背景になっていますが、行く先々で出会うノマドたちとの交流とともに、誇りを取り戻していく女性の姿が描かれています。

では、経済的自立を下敷きにしているFIRE後のノマドライフは、どうでしょうか。

住居費(家賃や固定資産税)を払わなくてよいという意味では、車上生活にもメリットはありますので、生活費を切り詰めるスタイルのFIREには向いているかもしれません。

ついでに、いつでも好きな所に行ける。これほどの自由はないですね。

冬になったら南に行って、夏になったら北に行ったり。

 

私の場合は妻と二人でキャンピングカー生活というのは、到底無理そうですので、短期間のウィークリーマンションなんかを転々とするスタイルなら、まだ検討の余地がありそうです。

ただ、その場合も「ノマド」というからには、自宅は手放す必要があります。

自宅を残しておくなら、それは単なる旅行にすぎませんからね。

自宅を手放すとなると、大量のモノをどう処分するか、という問題もあります。一筋縄ではいかないようです。

しかし、「ノマドライフ」憧れますね。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


こちらの記事もご一読ください。

読書感想「後悔しない生き方」習慣を打ち破る行動力
書籍「後悔しない生き方」の紹介と感想です。わかっちゃいるけど日々充実した生き方をするには、考え方やものの見方を変える努力が必要です。考え方を変えて、行動を変えていきたいです。
映画「ドライブ・マイ・カー」祝アカデミー賞「国際長編映画賞」受賞!
映画ドライブ・マイ・カーを見ました。村上春樹のこの原作は以前読んだことがあったのですが、再度事前に読み返して見に行きました。少々ネタバレもありますのでご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました