通信費だけじゃない!誰でもできる節約術

断捨離
スポンサーリンク

みんな知ってる節約術

お金に対する基本スタンスは、以下の3つです。

  • 不要なものにはお金を払わない
  • 同等なサービスや効果が得られるのであれば、なるべく安い方がよい
  • 人生を豊かにするものには、相応のお金を使う

通信費

家計の節約といえば、まずは皆さんご存じの固定費ですね。

家賃、光熱費、携帯の通信費。とっつきやすいのはスマホ代。これは格安SIMに変えれば良いだけですが、昔に比べれば全体的に割安になっていますね。

うちは、自宅の光通信+プロバイダ費用で約4000円。スマホ代が夫婦2人で約4000円、楽天モバイルです。これ以上は下がりそうにないですね。

ただ、実家の父の契約書を見たときに、年寄相手に不要なバックアップ機能やメモリカードを買わされていました。世の中いい人ばかりではないですね、皆さんも実家の親御さんのスマホ契約は、チェックしてみた方がいいかもです。

NHK受信料

あとはNHKの受信料ですね。学生時代はガン無視していましたが、さすがに社会人になったらモメ事は避けたいと思い、仕方なく契約しています。確かに朝のニュースは見てますしね。

単身赴任の夫や一人暮らしのお子さんがいらっしゃる場合は、元契約の追加分として個別契約より安く契約できるようですので、払う気があったら調べてみてください。

電気料金

電気代は、とりあえず照明器具は全部LED化しています。どれくらい節約できたかは不明、たぶん中東の王子様に世間の厳しさを知ってもらうためにも非産油国は結束してLED化と電気自動車化を進めるべきかと思いますね。

保険

おっと忘れてはいけない保険。これこそまさに家計節約の本丸です。

私たちが就職した時、最初は会社の独身寮に入ったのですが、研修から帰ると、寮の廊下に保険のおばちゃんがいましたね。どういう権限で自由に出入りできていたのかは謎ですが、まあ古き良き時代です。

彼女らは、世の中を知らない社会人一年生に、あの手この手で高額な保険商品を売りつけていました。今考えると恐ろしい。

私も何もわからず「とりあえずこのくらいで」みたいな感じで契約してしまいましたが、今思えば必要なかったなあと後悔しています。

まあ、当時は貯蓄性のある保険商品の返戻金利率も高かったので大きな損はしていませんが、このような社会の仕組みは学校できちんと教えるべきだと思います。

ある程度貯金がたまった段階で、収入保障、医療保険を解約し、子供達が独立した段階で、終身保険も解約しました

確かに、社会人となって、これから家庭を持とうとしている人が、保険の一つにも入っていないとなると、少し心配になりますが、社会保険や遺族年金があることを考えると、どこまで一般の保険で賄う必要があるのかを十分考える必要がありますね。

そういった意味では、今の日本では金融・保険の教育が全然足りていないと思いますし、詐欺、ネットワークビジネスなども教育してほしいですね。私が大学生だった頃にはある先輩が、「鍋売ってポルシェ買う」って言ってました。

食費

最後は食費ですね。コンビニで弁当やお茶を買わないと心に決めることは重要です。

私は基本、水筒とおにぎりを持参することにしていました。

これ地味だけど、結構効果があります。お弁当とお茶で一日500円とすると、1か月では1万円の節約になります。お試しあれ。

スポンサーリンク

貯蓄率をアップして将来に備えましょう

保険を見直し、コンビニ出費を抑えるのが、新しい大人の在り方だと思います。

保険料の見直しで年間30万、その他の積み重ねで年間10万円、合わせて40万の節約ができると、年収400万の場合、約10%の貯蓄率を増やすことができますね。

来るべき未来に備えて、今から行動しましょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

FIRE達成のためには貯蓄率が大事、自由の価値を軽視していませんか
昇給に応じてライフスタイルを変えて贅沢をする人は多々います。給料が増えたので海外旅行に行くとか、高級車に乗り換えるとか。将来の自由を手にいれるためにはそうした贅沢に消費するより貯蓄率を上げることが重要です。人生は選択の連続です。今浪費するのか、将来の自由に価値を見出すのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました