【旅行記】のんびり沖縄一人旅(6日目)レンタルバイクで美ら海水族館へ

旅行記

55歳でリタイアしたpandaは、「これまでやってみたくても、できなかったこと」をやってみようと、沖縄へ一人旅に出ることにしました。

今回の旅のコンセプトは、あえて何も決めない旅です。期間は約1週間、帰りたくなったら帰ることにしています。

前回の記事はこちら。

【旅行記】のんびり沖縄一人旅(5日目)青の洞窟ダイビングと美浜アメリカンビレッジ
沖縄へ一人旅の5日目です。今回はダイビングに初挑戦することに。はじめは緊張しましたが、意外とすぐに慣れました、沖縄の海のきれいさと、青の洞窟の美しさに感動です。帰りに美浜アメリカンビレッジに立ち寄り、アメリカンな食事をいただきました。沖縄でダイビング、ぜひおすすめです。
スポンサーリンク

沖縄旅行6日目

レンタルバイクでツーリング

退職後にやりたい事の一つに「大型自動二輪免許をとってバイクで日本一周したい」というのがあります。

しかし一方で、30年以上も乗っていないのに大丈夫か? という不安もあります。

そこで、どうせ乗るなら沖縄でレンタルバイクをしてみよう、ということにしてバイクを予約しました。

今回お世話になったのは、那覇空港近くの「モトフリーク・ウィリー那覇店」さん。ゆいレールの赤嶺駅から徒歩5分くらい

私が宿泊している国際通りからは、ゆいレールの県庁前駅から20分程、270円です。

バイクの予約は全てWEBからできまして、メーカー、排気量、車種など、選択肢はわりと多目で、きれい目です。

それで、ホンダのGB350という車種を選びました。

このバイク2021年式のネイキッドタイプと呼ばれるものです。単気筒エンジンで350CCですので、ヤマハの単気筒の名車、SR400のライバル的な存在のようです。

私は単気筒のバイクには乗ったことがなかったのと、バイクらしいデザインに憧れ、一時は購入を検討してたのでコレに決めました。

料金は、8時間で7,300円、ヘルメットが1,000円の、トータル8,300円+ガソリン代になります。

ホンダGB350の感想

この日は天気が悪く、曇り時々雨でした。午前10時に乗り始めてすぐさま雨に見舞われました。雨具の用意もなく、いや~寒かった。持っていた長袖Tシャツを途中で中に着込みました。

そうなんです。普通バイクに乗る時は軽装はもってのほか。そういう私は、長袖、長ズボンでしたが、グローブ(手袋なし)、ブーツなし、雨具なしの軽装備。

ライダーの皆さんからはお叱りを受けそうです。まあ、急に決めましたんで仕方ありません。

このバイク足つき性は、身長175㎝の私でもいまいちな感じ。シート幅が広く、股が広がってしまうため、つま先が付く程度になってしまいました。

また、ハンドルが高めにあるため、前傾姿勢ではなく、なるべく前側に座って姿勢を立てると腰への負担が減るようです。まあ、そうすると風の抵抗を受けやすくなるので、それはそれで辛いんですけど。

そんなこんなで、時速50km~60kmでゆっくりめに走るには丁度いい感じでした。

もう一つ難点として、単気筒エンジンの特徴かもしれませんが、走っている時の振動が激しく、1時間程走ると手が痺れました。

今回の試乗で、私の購入リストからは外れそうですね。デザインは魅力的なんですが。

沖縄北端の美ら海水族館までツーリング

目的地は有名な「美ら海水族館」。レンタルバイクショップからは、約100kmです。高速も使えますが、急ぐ旅ではないので下道で行くことにしました。

道中は特に渋滞もなく、スイスイと行けました。不安だった運転の方は、何回かエンストしましたが、まあなんとか大丈夫な感じです。

慣れないうちはスピードも出さず、安全運転で行きます。

途中、少し道を間違ってしまい、後から立ち寄ろうと思っていた「古宇利島」へ先についてしまいました。

写真は「古宇利島大橋」です。歩いても渡れます。

よくテレビCMなんかで使われる、海の中の一本橋です。天気がよければ写真映えしそうだったのですが、残念。

島の入り口のパーキングエリアで引き返して先を急ぎます。なにせ8時間レンタルですから。

古宇利島から美ら海水族館までは30分くらいです。グーグルマップに頼りながらなんとか到着しました。

ジンベイザメやマンタ、マナティやイルカもいます。時間がある方はゆっくり楽しんでいただけたらと思います。

ここは、公園内にそれぞれエリアが分かれていまして、マナティやイルカは本館とは少し離れたところにあります。天気がよければいいですが、豪雨の時は傘が必要ですね。

港川外人住宅

帰り道にガイドブックで気になっていた浦添市にある「港川外人住宅」に立ち寄りました。

こちらレトロかわいい住宅街でして、おしゃれ店舗も多数あるようです。

結構分かり難い所にあり、私が辿りついたのは17時過ぎ。店舗はほぼ閉店していました。

なので雰囲気だけお伝えできればと思い写真だけ。こんな建物が20軒以上あるようです。

その後はレンタルショップに急ぎ、近くのスタンドで給油してショップにバイクを返却しました。走行距離は204km。

久しぶりのクラッチ操作で左手がかなり疲れましたが、バイク乗ってみて良かったです。以前はもっと、こう、人馬一体的な感触だったんですが今回はまだまだでした。

もう少し練習して乗りこなせるようになりたいですね

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。まだ続きますので、どうぞ最後までお付き合いください!

次の記事はこちら。ついに沖縄を離れます。

【旅行記】のんびり沖縄一人旅(7日目)沖縄に来たならこっちも必見、石垣島
沖縄へ一人旅の7日目です。当初の予約では沖縄滞在は6日。延泊も考えましたが今回は石垣へ飛ぶことにしました。いや行ける時に行っとかないと人生何があるかわかりませんから。。急遽飛行機と宿泊場所を確保して石垣島へ。旅の終わりはもう少し、帰りの便も予約してしまいました。

旅行最終日と総費用をまとめた記事はこちら。

【旅行記】のんびり石垣一人旅(最終回)川平湾と離島ホッピングで西表へ
石垣へ一人旅のつづきです。石垣島では川平湾と底地ビーチへ。その後は西表島、由布島、竹富島へのホッピングツアーに出かけます。大自然に囲まれた離島で、マングローブクローズや水牛車を体験します。水牛車で海を渡ったり、美しい街並みを回ったり、三線の音色とともにゆっくりとした時間を楽しみました。

最初から見ていただく方は、こちらからどうぞ。

【旅行記】のんびり沖縄一人旅(計画編)
リタイア後に有り余る時間を「これまでやってみたくても、できなかったこと」に使おうと思いまして、一人旅に出ることにしました。行き先は沖縄、梅雨前のこの時期がベストシーズンと聞きますので、細かい計画は決めずに行ってきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました