退職後の年金や保険をどうするか

資産運用

やっと地元に戻ることができました。転入手続きのついでに、退職後の手続きについてもいろいろと調べてみましたので、その内容をお知らせします。

転入届

先日、地元の区役所に転入届を出しにいきました。

単身赴任先での転出届と免許証などの身分証明証、ハンコを持参すれば、30分程度で完了です。運転免許証の住所変更のために、住民票も合わせてとっておきましょう。

年金

その次に、年金の相談をしました。

今年いっぱいで退職する事を伝えて、国民年金の減免制度について相談しました。

国民年金の支払い額は、月々16,610円(令和3年)ですので、夫婦二人で33,220円。年間398,640円です。

来年から無収入になりますので、免除申請が必要とのことです。

こちらは、現在の会社からの離職票が届いてからの手続きになります。

ありがたいことに、私と妻の二人分の必要書類の下書きをさせていただき、年金事務所への送付用の封筒までいただきました。

健康保険

そして、健康保険ですが、退職後に取り得る手段は、①国民健康保険に切り替える、②退職前の健康保険を任意継続する、③家族の扶養に入る、 の3パターンです。

私の場合は、妻がパート勤務ですので③はできません。なので①か②の2択です。

①の場合の保険料を窓口で試算してもらうと、令和4年度の保険料は年間100万程度(まじか!落ち込みますね)。

令和5年度は令和4年の収入が前提となりますので、令和5年度(いま令和3年なので再来年)でやっと年間12万程度になります。

一方、②の任意継続の場合は、退職前の保険料の2倍になります。

給与明細を確認すると月々の健康保険と介護保険の合計が3万2千円。今までは会社との折半の値段ですので、退職後はその2倍で6万4千円の年間77万。

実際は標準報酬月額という上限が決まってますので、これを適用すると50万程度になります。実際これでも高いですが、ここだけで見ると国保より安いです。

が、2年間継続という縛りがありますので、令和4~5年合計で100万になります。これは①の国保切り替えの2年分の112万より安いですね。

一旦はこれで進めておいて、令和5年の標準報酬月額(上限)によっては2年目に国保切り替えという手も考えられますが、それはその時に判断したいと思います。

前述の2年縛りというのも、現在では緩和されつつあるようですので。

企業型DC

企業型DC(確定拠出年金)は、退職後6か月以内にiDeCoへの移換手続きが必要です。

手続きをしないと国民年金基金連合会という所に自動移換され、税制優遇が受けられなくなりますので、必須の手続きですね。

年金の免除申請をしている場合は、追加の積立はできない縛りがあるようですので、運用指図者、つまり選択した商品の変更や配分の見直しだけができるようです。

方針としては、扱いやすそうで商品も豊富な楽天証券にiDeCo口座を開設し、そちらで人気のVTIのような商品を選択しようかと考えています。

自社株

退職すると従業員持ち株会は退会することになりますので、継続して運用することも、換金することも可能になります。

退職時に持株会から個人口座へ振り替えしておき、そこで他の保有株と同様に運用していけばよいですね。

いかがですか、失業保険関係など、もっと必要な手続きがあると思いますが、今のところはここまで。

皆さんのお役に立てる情報があれば、引き続き発信していきますね。

こちらの記事もご一読ください。

自己都合退職は退職金は少ないが、それは自由との引換えだ
やっと、会社からいろんな手続き用紙が届きました。その中でも、事前によくわからなかった退職手当の明細もありました。それで、 退職金はいくらもらえたのか? うちの会社はポイント制なので、役職や年数によりポイントが加算され、単価をかけて算...

コメント

タイトルとURLをコピーしました